失業保険

失業保険

ニキビ,ニキビ跡,赤み,肌荒れの悩みを最短で解消する方法.

失業保険 受給資格

失業保険は、受給条件を満たさなければ受け取ることはできません。そこで、その資格について確認しておきましょう。大前提は、雇用保険に加入していることです。その上で、基本手当は「離職日以前の2年間で12ヶ月」は被保険者でいることが必要です。

ここで「被保険者期間」とは、各月で賃金を支払う対象の日(賃金支払基礎日数)が11日以上というのが条件です。つまり、離職前の一定期間(上記)に1ヶ月の3分の1以上の日数を勤務しているかどうかをまず見られます。この条件をクリアしている就業者に対して、満たした場合、雇用者には雇用保険金を支払う義務が発生します。

次に、保険金を受け取るためにはあなたが失業状態でなければなりません。「失業状態」はよく誤解されますが、「仕事を失ったこと」プラス「仕事を新たに探す意欲があること」そして「就職がすぐに可能であること」です。

つまり、定年退職したあと何もしないで少し休んでいるのはあてはまらず、保険による手当の対象外ということです。また、病気療養中やけがの治療中という人もその期間は対象になりません。働ける状態になって初めて申請する意味がありますので、ここは注意してください。

失業保険 計算

手当の根幹は「基本手当」と呼ばれるもので、この中に「給付日数」つまり何日間受け取れるかが定められています。この日数を決めるのは、年齢、雇用保険被保険者期間、そして離職理由などですが、大きな意味を持つのが離職理由です。平たく言えば、自己都合で辞めたのか、会社都合だったのかということで、保険からもらえる条件が異なるのですが、ここに気づいていない方がとても多いのです。

自己都合(「一般受給資格者」と言います)の場合、15歳から65歳まで、失業保険を受け取れる全ての年齢が同じ条件となります。15歳から65歳まで、年齢に関わらず被保険者であった期間が6ヶ月〜10年の場合、基本手当給付は90日、10年〜20年の場合は120日、20年以上の場合は150日、と定められています。

これに対し会社都合(「特定受給資格者」と言います)の場合、年齢と被保険者期間に応じて手当を受け取れる期間が細かく分かれています。詳しくは下のリンクを見ていただきたいのですが、注目すべきなのは、30歳以上であれば被保険者期間に応じて180日〜330日(最大のケースは45歳以上60歳未満、かつ20年以上の場合)受け取る資格があることです。自己都合では何歳でも150日が限度であるのと比べて、これは信じられないほどの違いですね。

失業保険を有利に受け取るために、あなたにぜひ知っておいてほしいことが、こちらに書かれています。

  ↓

9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。

失業保険 トップへ戻る

Copyright 2014 © お買い物通販リンク集 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ